パク・クネの、まるで自分は部外者的な言い様。船長や乗組員の酷さは悪の極みで、声もでないほどの怒り。でも、パククネの首相と
つづきを読む »